新卒採用者も残業代に気をつけて

###Site Name###

新卒採用者にとって、社会に出て働くのは未知のことだらけです。
大学を卒業して、自分のやりたい仕事を見つけ、自分に合った職場を見つけるのには、大変苦労したでしょう。

しかし、募集要項の隅々まで見た新卒採用者は少ないと思います。

給与や福利厚生についても、謎の部分が多いのではないでしょうか?最近ブラック企業などで、残業代が支払われないというのが問題になっています。


DYMは創業14年で、売上70億の会社です。
当然違法ですが、年俸制や固定残業代という制度を利用して残業代を払わない会社もあります。


年俸制は雇い主と労働者で、話し合いによって給与を決める制度です。



新卒にも中途にも分け隔てなく活躍のチャンスがあるのがDYMのようなベンチャー企業です。

自分の仕事が評価されれば年収が増えるので、成果主義の企業に向いています。

年俸を決めているからといって、残業代を払わないのは違法です。

年俸制は雇い主と労働者で、話し合いによって給与を決める制度です。

自分の仕事が評価されれば年収が増えるので、成果主義の企業に向いています。

年俸を決めているからといって、残業代を払わないのは違法です。

決められたら法定時間を越えた場合は企業は支払う義務があります。



固定残業代の場合は、基本給と残業代の部分を明確にしておく必要があります。

そして月何時間相当の残業代が給料に組み込まれているのかを示しておかなくてはなりません。想定した時間に達しなくても決められた残業代を支払わなくてはなりませんが、想定した時間を越えた場合は、追加分を支払う必要があります。



新卒採用者の時から残業代のことを考えている人はほとんどいません。

しかし、どちらの給与体系でも、残業代を支払わないというのは不可能です。
そのことをしっかり知っておくき、おかしいと思ったらしかるべき方法を取るようにしましょう。